★ ミノキシジル外用・薬剤性湿疹

★★

https://webview.isho.jp/journal/toc/00181404/61/8 から

52歳,男性。男性型脱毛症に対し5%ミノキシジル含有育毛剤を使用して5カ月後から,頭頂部に瘙痒感,紅斑,滲出液が出現した。
パッチテストで製品as isと ジブチルヒドロキシトルエン(スクラッチパッチテストのみ)が陽性であった。
これまでミノキシジル含有育毛剤の接触皮膚炎の報告は3例で,
2例がプロピレングリコール
1例がミノキシジルである。

ジブチル ヒドロキシトルエン  のパッチテストは陰性でスクラッチパッチテストで陽性という結果から,不適切な外用方法などで人工的なバリア機能の破壊が生じ,その後ジブチルヒドロキシトルエンに感作されて接触皮膚炎を生じたと考えた。

発赤、発疹等、痛痒などの炎症を起こしやすいのは、プロピレングリコール(PG)を使用しているからの場合が多いようです。 ・・・が上記の引用資料にあるようにその他の場合もあります。

PGの代わりにグリセリンを使用している商品も最近はあります。 敏感肌の方、これまで炎症を起こしミノキシジル塗布剤を使用できなかった方にも使用できる場合もあります。

市販薬で育毛剤を選ぶならミノキシジルを含む「スカルプD メディカルミノキ5」もしくは「リアップ×5プラスローション」が選択肢です。

これらの商品はミノキシジルの育毛剤の中でプロピレングリコールという添加物を含みませんので、かゆみの原因の一つははじめからありません。(かゆみが出にくいです)

プロピレングリコールは育毛剤を使う人にとって頭皮の炎症の原因となる方もおられますので、この添加物を含むミノキシジル製品は選ばない方が賢明かもです。ただ値段が一番安い、という確率は低いと思います。