Q 263 AGAとストレスは関連ありますか?

AGA(男性型脱毛症)

Q
30代の男です
男性型脱毛症(AGA)はプロペシアがよく効くと聞いています。

ところでストレスが原因でAGAがおこったり、ひどくなったりすることもあると思うのですが、どうなんでしょう?

だとするともしストレスが原因で薄毛に加速する場合はプロペシアの効果はいかほどなんでしょうか?

============

A AGAは男性ホルモンの影響が大きいと言われております。
悪玉の男性ホルモン(DHT)が増えてAGAが悪化するのはほぼ間違いない事と医学的には確定しております。

ある程度の遺伝の関与もあるようですが、医学的には確定しているのか? というとまだそこまでは行ってなくて、研究レベルなのかもしれません。 一般的は流れとしては遺伝の事はあまり目に入ってきません。 もしかしたら、わかっても治療の方法論は変わらないかもですが・・・

遺伝やストレスはAGAを引き起こす引き金にはなるかもしれませんが、主たる原因とは言いにくいです。

遺伝やストレスが主因のハゲの場合はフィナステリドの作用を考えると効果は十分な期待はできないと思います。

純粋なストレスで頭が薄くなる場合はAGAの薬だけでは不十分だと言えます。

ストレスで薄くなる場合の対策としては精神的なサポートが治療としては選択できるものになると思います。

まずは皮膚科の医師などに診てもらって、ストレスなどがとても大きいような場合は心療内科などと一緒に対応して行くほうが良い場合もあります。

亜鉛のサプリメントを取るのはおすすめです。 髪の毛で困っているような方は食事はキチンととっているように見えても実際には亜鉛はまず不足している事が多いので初期の頃は亜鉛のサプリメントは摂取していた方が結果としては早く成果が出る可能性は高いように思います。 亜鉛はいろんなところに相当量必要で消費されていますので。 ただし、容量用法は守りましょう。 あとはあまりに安いサプリメントは何かが問題ありとかありますので避けたほうが良い場合もあります。

あくまで「も」 です。 絶対ではありません。

詳しく言うと、良いサプリメントは作るのにる程度お金がかかります。 という事なんです・・・

ありがとうございました。 ドクターAでした。