192 カラーリングはハゲないですか?

脱毛症・薄毛

カラーリングはハゲないですか?

カラーリングの事を正確にしらないと
コメントできないので以下から情報を引用します。

https://beauty.hotpepper.jp/magazine/462336/

知っているようで意外と知らない【カラーリング】のこと

カラーリングのことってなんとなく知っているつもりでも、実際にはいろいろありすぎてよく分からない…という方も多いのではないでしょうか。まず、カラーリングにはどのような種類があるか見ていきましょう。

【ヘアカラー】しっかり髪を染めたいときに

最も一般的に普及しているのが、このヘアカラー。「カラー」「ヘアカラー」「カラーリング」というときは、このヘアカラーを指している場合が多いです。ヘアカラーで髪に色をつける仕組みには二段階あり、まずアルカリ剤でキューティクルを開いてから、髪の内部に染料を浸透させていくというものです。ヘアカラーは色も明るさもさまざまで、しっかり染まるのが特徴です。

【ヘアマニキュア】ダメージ少なめで楽しめる♡

fetish

ヘアマニキュアは、髪の表面をコーティングして色素を吸着させます。毛先だけ別の色で染めるなど、遊び心いっぱいのスタイルを楽しめるのもヘアマニキュアならでは。ヘアカラーに比べて髪へのダメージを抑えられるので、気分に合わせていろんな色を試してみるのもおすすめです。

【ヘアスプレー】アートっぽく楽しめる♪

Set salon Ace 【セットサロンエース】

ヘアスプレーは、髪の表面に色を乗せるだけですので、髪を洗えば色を落とすことができます。イベントなどでガラっと印象チェンジするときにはもってこいですね。同じような仕組みで染める染毛剤には、「ヘアマスカラ」などがあります。

【ブリーチ】透明感のある明るい髪色に

ブリーチには、強い脱色効果があります。脱色剤ですので、髪に色をつけるヘアカラーなどの染毛剤とは違って、地毛の髪色を抜くことが目的になります。つまり、厳密にはカラーリングではありませんが、「ダブルカラー」といってブリーチで脱色した後にヘアカラーをすることがあります。その理由を次で詳しく見てみましょう。

ブリーチしてからヘアカラーをするのはなぜ?

ブリーチするのはどんなとき?

ange 【アンジェ】

ブリーチで髪の色素を抜いていくと、黒髪から茶髪、茶髪から金髪といったように、次第に髪色は薄くなっていきます。そこにカラーリングをすることで、カラー剤本来の色味が出やすくなり、ブリーチなしで染めるよりもきれいに染まるのです。

例えばブロンドや鮮やかな原色系の髪色など、本来の髪色よりも明るい色に染めたい場合は、ブリーチをすることで発色が良くなりきれいに染まります。また、毛先など一部をブリーチしてカラーリングをデザインする際にも使われることがあります。

 

ドクターAは美容室にも行かないし、理髪店にも実はほとんど行かないので まったくと言ってよいほど情報をもっていませんでした。勉強になりました。

さて引用させて頂いたサイトの内容からすると ブリーチするとかなり髪自体のダメージは多きそうですね。

あとは「ヘアカラー」が髪の中まで染み込ませる、というイメージで髪のダメージがそれなりかな? という感じですね。

純粋にカラーリングなら髪だけの問題のハズですが・・・髪の根本も染まらないと、きれいにはカラーリングできたとは言えないと思いますので、地肌(皮膚)にまったく染料、その他が接触しない・・という事は不可能では?? とドクターAは思います。

自分が一度もした事がないのでもし、明らかに間違っていたらご指摘ください。

なので、現実問題そして カラーリングで、ハゲないのか? というと全く関係なし、というのはちょっと無理があるのでは?
と思いますね。。

とてもうまい美容師さんや、とてもなれてうまく丁寧にカラーリングすれば大丈夫かな? という感じなんでは?

 

今回は全くしらない領域に近いのでお話のポイントがずれていたらごめんなさい。

ありがとうございました。 ドクターAでした。

 

 

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10181536465