Q. 279 セファランチンとAGAについて

AGA(男性型脱毛症)

Q.
セファランチンという薬があります。

セファランチンは主に円形脱毛症に効くとなっていますよね。
そしてプロペシアはAGAに効くって事ですね。

そうするとセファランチンで抜毛が減る場合はその脱毛症はAGAではない、という事がいえるんでしょうか?

友人が円形脱毛症では無いのですが髪が全体的に抜けてこまっていますが、セファランチンがすごく効果があるようでした。

自分にも使ってみたら、と勧めてくれるんですが・・・どうしたよいでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーー
A.
セファランチンは結構古い薬です。

放射線による白血球減少症の治療には使用した事があるのですが(しかもそーとー昔です)
自分の経験では脱毛症には使用した事がありません・・・のでちょっと調べました。

======

セファランチン

作用と効果・・・ 抗アレルギー作用、血液幹細胞増加作用があり、造血機能の回復を促進するほか、末梢血管を拡張・末梢循環障害を改善して毛根などに栄養を供給します。
通常、円形脱毛症・粃糠性脱毛症、放射線による白血球減少症の治療に用いられます。

白血球減少症:通常、成人は1日3~6錠(主成分として3~6mg)を2~3回に分けて食後服用します。
脱毛症:通常、成人は1日1.5錠~2錠(主成分として1.5~2mg)を2~3回に分けて食後服用します。

主な副作用として、食欲不振、胃部不快感、発疹・皮疹、かゆみ、はきけ、下痢、頭痛、めまい、顔・手足のむくみ、月経不順などが報告されています。

本剤は、使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。・・・添付書に
こう書いてあります。 このような記載がある薬は相当に古い薬です。 最近では許されない事なので・・・しかもアレルギー反応が起こり得ると記載はされています。

中身は  タマサキツヅラフジ抽出アルカロイド です。

アルカロイドとは・・・正確ではないのですが、植物由来で強い生物活性を有する化合物群と解釈してください。 このままの定義だと毒物なども含まれてしまうので、最近は
「アミノ酸や核酸など別のカテゴリーに入る生体分子を除いて、広く含窒素有機化合物を指す」
ことになったようです。

円形脱毛症・粃糠性脱毛症621例に対する有効率は、「有効」以上で53 . 3%(331/621)、「やや有効」以上で64 . 4%(400/621)であった・・・添付書より それなりに効いていますね。

[薬効薬理]
1.血液幹細胞増加作用(マウス)本剤は放射線による造血機能障害に対し、血液幹細胞に働き、造血機能の回復を促進することが認められた。
2.抗アレルギー作用(in vitro この意味は試験管内の実験ではという感じです )本剤は抗原抗体反応による肥満細胞からのヒスタミンの遊離を抑制することが認められた。
3.副腎皮質ホルモン産生増強作用(ラット)本剤は下垂体を介し、血中のACTHを上昇させることにより、副腎および血中のコルチコステロンの産生を高めることが認められた。
4.末梢循環改善作用(ウサギ)本剤は末梢循環独自の周期的血管運動を損なうことなく、末梢血管の拡張並びに血流を促進し、末梢循環障害を改善することが認められた。

以上が薬の内容ですね。

効く可能性はある程度ありますが、今の主流のくすりではありません。

少なくとも一般的には薬局では購入できない薬です。
医師に診てもらっている場合にはあまり使われないのでは? と思います。

・・・そうするとセファランチンで抜毛が減る場合はその脱毛症はAGAではない、という事がいえるんでしょうか?・・・AGAではないと断言するのはかなり難しいと思います。

AGAの診断自体が確定診断というものは今はまだ確定してないと思います。
おそらくAGAだろう、その上で治療してみて反応やその他でAGAと確定しているのだと思います。

ドクターAでした。 ありがとうございました。