★AGAの遺伝関連2

★★

AGA専門クリニックからの引用です。

https://www.kato-aga-clinic.com/guide/idenshikensa/

自分は研究でAGAに携わった経験はないので、遺伝子情報にはタッチしてませんでした。
ただ、これがわかったから治療方針がかわるか? と言われれば・・・費用の問題と効果の問題で
選択する時に悩む事が増えるかもしれませんね・・・情報が多いのは良い事なのですが、
悩んでしまう方には返って複雑になって決断しにくくなるかもです。

あとは費用がそれなりに掛かるので・・・多くの方にはどうなのかな?
お金がある程度あって、自分を納得させるには良い情報と思います。

選択肢が増えていく治療はほとんどが高額なので・・・
難しいところだと思います。

 

AGA遺伝子検査とは

AGA(男性型脱毛症)の潜在的なリスク(将来AGAになる可能性)を判定するだけでなく、プロペシア(フィナステリド)の感受性(体質的に内服効果があるか?)判定をおこないます。今後のAGA治療予防に役立てることができます。お口のなかの粘膜を綿棒でこするだけで、検査できます。料金は15000円。

出典など、研究結果の根拠が必要だと思います。

AR遺伝子の配列の中にはC-A-GとG-G-Cという3つずつの塩基が繰り返される部分があります。遺伝子検査では、そのCAGとGGCのリピートの合計数でAGAの発症リスクを、GGCの単独のリピート数でフィナステリドの感受性を判定します。具体的にはCAGとGGCのリピートの合計数が多い人ほど、AGAになりにくく、少ない人ほどAGAになりやすいというものです。

AGA遺伝子検査とは AGA遺伝子検査とは