ガイドライン 2017 年版解説-1

AGA(男性型脱毛症)

 

日本皮膚科学会作成の2017年 AGA(男性型脱毛症)
・FAGA(女性型脱毛症)のガイドラインを分かりやすく
解説しようと思います。

以下の引用はガイドラインの基本的な考え、経緯、その他です。

一般の方にはわかりにくいですが、この部分は解説するというより、
学会としての立場表明、その他になりますので解説する部分とは
少し違うと思っております。

しかし、部分的にはなにをもってこのような解釈その他になっているのか?
コメントを入れた方が良い点もありますので、少しはコメントをいれます。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版   から

ガイドラインの概略
1.背景と目的
男性型脱毛症(male pattern hair loss,androgenetic alopecia)
は思春期以降に始まり徐々に進行する脱毛症を意味します。

AGA男性型脱毛症(FAGAも含めて)医学的研究が進んで来ました。
新しく保険的にも使用できる薬が増えてきました。

近年,男性型脱毛症の病態解明が進むとともに有効な外用,
内服の治療薬が開発され,皮膚科診療においても積極的に
使用されるようになってきた.

しかし,それでもなお皮膚科医の立場からは無効といえる
科学的根拠に基づかない民間療法が社会的に横行し,
無効な治療法を漫然と続ける患者も少なくなかった.

 

2.診療ガイドラインの作成手順
「日本皮膚科学会男性型脱毛症診療ガイドライン2010」
の作成は,日本皮膚科学会と毛髪科学研究会の共同事業として,
2010 年に日本皮膚科学会から発表された.

 

今回の改訂も前回と同じく毛髪疾患の診療に詳しい
毛髪科学研究会 会員がコアメンバーとなり,日本皮膚科学
会から策定委員会の委員構成について承認を受けて改
訂に着手した. この改訂作業は日本皮膚科学会の事業である.

 

3.エビデンスの収集
使用したデータベースは Medline,PubMed,SCIRUSSCOPUS,
医薬中央雑誌Web,Cochrance databasesystemic reviewと
個々の委員が集積した論文.

 

データベースは 2016 年 12 月までに検索可能であった文献だそうで
ランダム化比較試験(Randomized controlled trial:RCT )
のシステマティック・レビュー,個々の RCT の論文が優先されています。

本来は二重盲検法がベストなのでしょうけど、そんな論文はたくさんない
のかもですね・・こ高い水準の根拠の論文がない場合にはその他も
参考にせざるを得なかったようです。

4.エビデンスのレベルと推奨度の決定基準
日本皮膚科学会編「皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン
第 2 版」で採用されたエビデンスレベル分類と推奨度
の分類基準に準拠した.

 

A.エビデンスのレベル分類

I システマティック・レビュー/メタアナリシス
II 1 つ以上のランダム化比較試験
その他 ・・省略

この二つを重点的に採用しているようです。

 

B.推奨度の分類としては・・・

A.行うよう強く勧める

B.行うよう勧める

C1.行ってもよい までが実際に選択に耐えられる研究結果と
思われる。

C2.行わないほうがよい・・が選択すべきではないが・・・
実際には選択されている場合が現実です。

D.行うべきではない
(無効あるいは有害であることを示す良質のエビデンスがある)

8.免責事項
この診療ガイドラインは臨床皮膚科医の視点に立っ
て,現段階における医療水準を客観的事実から記載し
たものである.
診療ガイドラインは個々の症例に応じて柔軟に使うもの
であって,医師の裁量権を規制し治療方針を限定するものではない.
そのため,このガイドラインを医事紛争や医療訴訟の資料
として用いることは,本来の目的から大きく逸脱するものであって,
ガイドライン作成委員会としては容認できない.

他の学会でも、医療紛争や医療訴訟に基準が使用される事がありますが、
このガイドラインが医事紛争や医療訴訟において使用されるのは不適切という事
が学会からの文章で記載されています。

 

保険適応外使用についても記載した部分もある.
ガイドラインとは医学的根拠に基づく記載であり,
保険診療の手引き書ではないからである.
しかし,保険適応外治療や未承認薬の使用にあたっては,
各医療機関の承認や,患者あるいは家族のインフォームド・コンセントが前提となる.

 

 

保険適応として、というよりも
おそらく適応病名をしての対応では? ないか、と思います。

AGA男性型脱毛症その他の治療に関しては
保険適応はないと思います。

薬はAGA男性型脱毛症などに使用できる・・・という意味だと思います。